内祝いや結婚祝いを贈る|happyギフトセレクト白書

結婚のお祝いを贈る

お皿

友人が結婚した際に贈る結婚祝いは、出来るだけ出費を抑えつつセンスが良いものを贈りましょう。和食器などはリーズナブルな価格で購入出来て、喜んでもらうことができます。

祝電を贈る

招待状

仲の良い友人の結婚式に残念ながら参加できなかった場合は、せめて電報を送るようにしましょう。電報は近年様々なものが登場していますので、より喜ばれるものを選んで贈りましょう。

お酒の瓶をデザイン

瓶とお酒

結婚式などめでたいことがあった時の贈り物でお酒を選ぶのであれば、ボトルエッチングを行いましょう。ボトルエッチングでお酒のボトルにデザインをすることで、より喜んでもらうことができます。

お祝いの品を選ぶ

内祝い

プレゼントや贈り物をする際には、上手に品物を選んで喜ばれる品物をプレゼントできるようにしましょう。結婚式の時などには贈り物をする機会が多いので、結婚祝いの時にはどのような品物が喜ばれ、どのような品物は困らせてしまうのかを知っておくことが大切です。結婚祝いとして適しているものは新婚生活に役立つ実用的なものですので、たくさんあっても困ることが無いタオルなどの日用品を贈るようにしましょう。食器などはこれまで割れることから縁起が割るとされていましたが、近年は価値観が変わり割れることによって数が増えるので、幸せが増えると捉えられ縁起物とされています。よりお得に喜ばれる食器とはどのようなものなのかを把握した上でどれを購入するのか決めましょう。結婚式などの贈り物でお酒を選ぶ方は、より喜ばれるようにボトルエッチングなどを行うとよいでしょう。結婚式に参加できないのであれば、電報でメッセージを贈ることで祝福の気持ちを伝えることが出来ます。
自分が結婚した場合には多くの人から結婚祝いを貰うかと思いますので、結婚祝いをくれた人にはお返しとして内祝いを贈りましょう。内祝いを贈る際に注意したい点として挙げられるのが、貰った品物よりも高いものを贈らないということです。また、結婚祝いを貰ってから内祝いを贈るまでに一か月以上経過していると、失礼に値しまうので出来るだけ早く購入して贈るように心がけましょう。忙しくて買い物に行く時間が無いという方は、手軽に内祝いを購入することが出来るインターネットの通販サイトを活用して買うとよいです。